上杉雪灯篭まつりにシャトルバスで行ってみた(山形県米沢市)

こんにちは。日本案内人のまさやんです。
今日は上杉雪灯篭まつりを観に米沢に来てます。

上杉雪灯篭まつりは毎年2月の第2土曜と次の日曜日に松が岬公園付近にて
約300基の雪灯篭と、1,000個の雪ぼんぼり(雪洞)に火が灯される祭りです。

米沢駅のロータリー。上杉雪灯篭まつりの看板が出てます。

駅前には大きなかまくらが作られていました。
新幹線をモチーフにしたものでしょうか。

中はこんな感じ。

米沢駅から会場まではシャトルバスが15分間隔ででてます。

シャトルバスに乗って会場に到着。

上杉神社付近。ここがメイン会場でしょうか。

雪で作られて鎮魂の塔。
第2次世界大戦の戦没者のための鎮魂祭がここで行われます。

暗くなる前に上杉神社に立ち寄りました。

神社から戻ったころには暗くなりはじめ、人も増えてきました。

イルミネーションの中を歩く「光の迷路」

屋台も数多く出店していました。

左に写ってるのは「かねたん」というキャラクターです。
直江兼続がモチーフとなっているようです。

もののけ姫にでてくるキャラクターみたいな雪のオブジェ。

真ん中のほうは特に綺麗です。
デートスポットとしても良さそうです。

雪像もたくさん展示されていました。

米沢駅に戻ると新幹線(?)のかまくらも窓がライトアップされていました。

その横の雪で作られた小高い丘の上から米沢駅を撮影。
雪像見すぎて、米沢駅の駅舎も雪と一体化して雪像に見えてきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です