久米商船フェリーにて久米島・渡名喜島・那覇への旅路(沖縄県島尻郡久米島町)

久米島を1周したあと、次の目的地の沖縄本島に向けてフェリーで移動します。

【関連記事】
久米島を原付バイクで1周編

兼城港ターミナル

兼城港ターミナル
兼城港ターミナル

ここで久米島商船フェリーの乗船券を購入し、那覇に向かいます。

兼城港ターミナル
兼城港ターミナル

広々とした待合室。
左側にある売店で久米島のお土産を買うことができます。
ちなみに、1月の閑散期ということもあり、人のみで予約無しで乗船できました。

フェリー琉球
フェリー琉球

フェリー琉球に乗って、いざ那覇へ!

フェリー琉球
フェリー琉球

とてもきれいな船内。

フェリー琉球
フェリー琉球

客室も広々としててきれいです。

フェリー琉球
フェリー琉球

雑魚寝できるスペースもあります。

フェリー琉球
フェリー琉球

フェリー内のトイレを利用しようとしましたが、個室に入って扉を閉めようとしても全然閉まりません。
よく見ると、強力な磁石で固定されており、強く引かないと閉めれないようになっていました。
フェリーは航行中は揺れるので、扉が勝手に開いたり閉まったりしないようにするためかと思われます。

フェリー琉球
フェリー琉球

甲板の上に出ることもできます。

オーハ島
オーハ島

途中、甲板からの眺め。左のほうに見えるのはオーハ島。
真ん中から右のほうにかけて「はての浜」らしきものが見えます。

オーハ島

動画でも紹介してます。

渡名喜島
渡名喜島

途中、渡名喜島に寄港。
ちなみにこの島が属している渡名喜村は日本でも2番目に小さい自治体。

那覇港
那覇港

約3時間半の航行を経て那覇港に到着。
那覇西道路の下を通過中。

とまりん
とまりん

那覇港の「とまりん」に到着。
ここから首里城・浦添城散策に向かいます。

延伸した「ゆいレール」に乗って浦添城を見てきた編につづく…

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です