日本一の強酸性温泉!新玉川温泉に行ってみた(秋田県仙北郡田沢湖町)

秋田旅行の際に、新玉川温泉に行ってきました。
いや、むしろ新玉川温泉にいくついでに秋田周辺に旅行にいったという感じでしょうか。
新玉川温泉はネットで情報を知り、以前から気になっていました。

新玉川温泉は3つの日本一をとっていることで有名です。
①強酸性PH1.2(塩酸を主成分としており、世界でも稀です)
②単一源泉での温泉湧出量(1分間に約9.000リットルもの湧出量)
③日本で唯一の天然岩盤浴

やはり山奥にある温泉ほど泉質がいいイメージがあります。
秋田県の山奥にありなかなか行ける機会がなさそうですので、
長期休暇を利用していってきました。

JR田沢湖駅
JR田沢湖駅

JR田沢湖駅。
ここからバスに乗って新玉川温泉に向かいます。

新玉川温泉へのアクセスに関して、
冬季とそれ以外の時期ではアクセス方法が大きく異なります。
夏季などは自家用車で直接行くことが可能らしいのですが、
冬季は温泉へ続く道が通行止めになりますので、
一般車での通行は不可になります。
ですので、田沢湖駅からバスでしか行くことができません。
バスも冬季は1日4本ほどと本数がかなり少ないので行かれる際は必ずバスの時刻を確認してから行くようにしましょう。

新玉川温泉行のバス
新玉川温泉行のバス

田沢湖駅前の2番乗り場のバス停より新玉川温泉行のバスに乗ります。

新玉川温泉
新玉川温泉

雪山の山道をバスで走ること約1時間、新玉川温泉に到着です。

新玉川温泉
新玉川温泉

入口には大きなかまくらが作られていました。

新玉川温泉
新玉川温泉

さっそくチェックイン。
田沢湖駅で買ったお土産を机に広げてます。
右のものは「ババヘラ棒」というお菓子。
うまい棒のババヘラアイス味といった感じです。
ちなみにババヘラは中高年以上の女性がヘラで盛り付けることから、そう呼ばれたようです。

早速温泉に入りたいと思います。
と、その前に湯治相談をうけました。
ここには湯治相談室があり、看護師が常駐しており入浴指導などを受けることができます。

高血圧にも良いようですので、血圧も測りました。
では、いざ入浴!
浴場なので撮影はしませんでした。
とにかく広く、14種類もの浴槽があり、どれに入るか迷いますが、全部入りました。
ここの名物、酸性の温泉も源泉50%や100%など段階わけされております。
泉質はpH1.2で、レモンの約2倍もの酸性度があり、かなり刺激が強いので初めての方は50%など軽いものから慣らせていくとよいでしょう。
アトピー体質な私には源泉100%は肌に刺激が強すぎ、1分も入れませんでしたが、箱蒸し風呂は刺激が少なく、蒸気も吸えるので健康によさそうでした。
屋内岩盤浴もあり、そちらもお勧めです。

夕食はバイキングでした。
きりたんぽはもちろん、比内地鶏など豪華な料理が食べれるます。

JR田沢湖駅行きバス

帰りのバスの様子。
このように、道路は閉鎖されており、バスでないとゲートを開けてもらえない仕組みになっています。
夏場に自家用車でまた行ってみたいと思います。
今回紹介した新玉川温泉は日帰り(大人800円)での利用もできるようです。
日本一の強酸性温泉を体感してみたいかたはぜひ行ってみてくださいね。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です