火災にあってしまった首里城の現在(沖縄県那覇市)

浦添城跡を散策したあとは首里城に向かいました。

【関連記事】
延伸した「ゆいレール」に乗って浦添城を見てきた

首里城

首里城
首里城

皆さんもご存じの通り、首里城は2019年10月31日の火災によって正殿などの施設が焼け落ちてしまいました。
なので、2020年1月の現時点で立ち入ることはできないのだろうと思っていたのですが、意外にも多くの人が訪れており、正殿近くまで行くことができました。

首里城(火災後)
首里城(火災後)

正殿の手前の建物も屋根が焼けて壊れてしまっておりました。

首里城(火災後)
首里城(火災後)

こちらは屋根が燃えて、真ん中のほうが垂れ下がってしまっております。

首里城(火災後)
首里城(火災後)

正殿は無残にも倒壊しきっておりました。

西のアザナ展望台
西のアザナ展望台

奥のほうに行くと、西のアザナ展望台があります。

西のアザナ展望台

動画で展望台からの様子を撮ってみました。

 嘉例山房
嘉例山房

首里城から宜保駅への帰り際に嘉例山房というところで「ぶくぶく茶」をいただきました。

ぶくぶく茶
ぶくぶく茶

自分でお茶を泡立てて、できた泡をいただくという一風変わったお茶です。
ぜひお試しあれ。

この日は那覇市内に一泊し、
明日はいよいよ与那国島に向かいます。

与那国島を原付バイクで1周してきた編につづく…

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です