石狩平野の自然を満喫 はまなすの丘公園(北海道石狩市)

はまなすの丘公園

はまなすの丘公園
はまなすの丘公園

日本海と石狩川の交わりに形成された1,500メートルにおよぶ砂しに広がる「はまなすの丘公園」。
約46ヘクタールの公園には180種に及ぶ海浜植物が自生しています。約46ヘクタールのうち16.5ヘクタールは石狩市海浜植物保護地区に指定されています。
ハマナスが咲き乱れる季節は6月下旬から7月上旬にかけてですが、 春から秋にかけてイソスミレ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ、エゾスカシユリ、コガネギクなど多くの花を見ることができます。ちなみに、はまなすはバラ科の落葉低木で、スズランと並んで北海道を代表する花です。

この周辺は1957年に松竹映画「喜びも悲しみも幾年月」の撮影の舞台となり、白と黒の縞模様だった灯台は、色彩効果を出すために赤白模様に塗り替えられたようです。

はまなすの丘公園
はまなすの丘公園

遊歩道の周りは広大な大自然。ここに居たら日々溜まったストレスも忘れられそうです。

石狩といえば石狩鍋!
石狩鍋は鮭を主材料とし味噌で調味した鍋料理です。
鮭が産卵時に遡上する石狩川にちなんで名付けられています。
石狩鍋は今ではネットで手軽に購入できます。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です