神の住む場所という意味をもつ伝説の地、神居古潭に行ってパワーをもらいに行ってきた(北海道旭川市)

神居古潭

神居古潭
神居古潭

石狩川の眺めの良いパワースポット。
名前からして神が居そうな地名ですが、アイヌ語でも「カムイコタン」は「神の住む場所」という意味だそうです。

神居大橋(神居古潭)
神居大橋(神居古潭)

ちなみにこの橋の名は神居大橋。

神居大橋(神居古潭)
神居大橋(神居古潭)

この橋を渡って割とすぐのところに旧神居古潭駅があるようです。
知らなかったので橋を往復して帰ってしまいましたが、また訪れた際には旧駅舎も見に行きたいと思います。

神居大橋(神居古潭)からの眺め
神居大橋(神居古潭) からの眺め

橋の長さからもわかるように、結構川幅があります。

神居大橋(神居古潭)
神居大橋(神居古潭)

反対側からの眺め。お時間があれば、パワーをもらいに訪れるのもよいのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です