草津温泉は温泉街だけでなく周辺の散策もオススメ(群馬県吾妻郡草津町)

前回、碓氷峠のめがね橋の記事を書きました。
草津温泉までもう一息です。
【関連記事】
碓氷峠ドライブ中に見ためがね橋~かつて鉄道が走っていた廃線跡~

鬼押出し園

草津温泉に行く途中に気になる看板が目に留まったので立ち寄ってみました。
その名も鬼押出し園。

1783年におきた浅間山の噴火の際に膨大な量の溶岩が流れ出しましたが、 それが風化してこの一帯に奇勝を作り上げております。
それを鑑賞することができる場所です。
あいにく、ちょうど閉園時間を越してしまっていたので中に入れなかったのが残念です。
そのまま草津温泉に向かいます。

草津温泉

やっと着きました、草津温泉。
温泉街の中心地で流れているお湯。
すごく色が綺麗です。
到着したのが夜なので、草津温泉で一泊します。

翌朝になって同じ場所に来ました。
光があたってより実感するお湯の綺麗さ。

その上流の様子です。
さすが温泉地。すごい光景です。

傍らには足湯もあります。

その近くの熱乃湯にて、「湯もみと踊り」を見ることができます。
草津温泉の源泉は50℃近くとかなり熱いため、そのままでは入ることができません。
しかし水を入れると温泉の成分が薄れてしまうため、湯をもんで入浴できるまでの温度に下げるという方法が考案されました。
それが湯もみです。

西の河原園地

草津温泉の奥のほうには西の河原園地という散策コースがあります。
ちょっと歩いてみましょう。

川が流れているのが見えますが、これ温泉の川です。
温かい温泉の川が流れており、その横の遊歩道を歩くことができます。

温泉の川を鴨が泳いでいました。
とても気持ちよさそうです。
恐らくこの鴨は世界中の鴨の中でもだいぶ幸せな部類に入るのではないかと思います。

さらに先に進むと西の河原露天風呂があります。
歩き疲れたらここでゆっくり露天風呂に浸かりましょう。

鬼の茶釜と呼ばれる池。

嫗仙の滝

温泉街からちょっと離れたところに嫗仙の滝という滝があります。
ちょっと行ってみましょう。

滝へと続く入口に来ました。
ここから30分くらい歩くことになります。
入口には杖が置いてありました。
健脚なのでいらないだろうと思ってましたが、結構斜度もありきつい道なので、足腰に自信のない方は使うことをオススメします。

きつ~い斜面をおりてしばらくして
見えてきました、嫗仙の滝!

結構高いところから流れてます。
落差25mもある滝です。
女っぽい名前からも連想される通り、流れはわりと緩やかな感じです。
なんといってもこの赤い岩を伝って流れるところが特徴的。

しばらく滝の麓で水遊びしました。
赤い岩ってなんか珍しいです。
ここに来るまでの道のりはちょっと危険なので、行くときは自己責任でお願いします。

草津温泉とその周辺を散策しました。
いかがでしたでしょうか?
ぜひ暇があれば草津温泉行ってみてください♪

つぎは草津温泉の奥にある白根山に行きたいと思います。
毒ガス地帯を抜けた先には絶景の湯釜を見ることができます。
次回の記事もこうご期待!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です