駅舎に巨大な遮光器土偶!木造駅(青森県つがる市)

木造駅

木造駅
木造駅

見た目が非常に特徴的な駅で、駅舎に大きな土偶が埋め込まれています。
ここから10kmほど離れた亀ヶ岡遺跡から出土した遮光器土偶がモチーフになっているようです。
この土偶は「しゃこちゃん」と呼ばれているようで、電車の到着時に目が光り、「いらっしゃいビーム」とも呼ばれています。
ただ、子供が怖がることから、最近は自粛されているようです。
確かにこれだけ巨大な土偶の目が光ったら、小さい子供からしたらトラウマものかもしれないですね。
目が光ってるところも見てみたいですね。

木造駅
木造駅

特徴的な外観をもっていることから、東北の駅百選にも選定されています。

木造駅
木造駅

駅前の広場は遺跡をモチーフにしたように作られていました。

木造駅周辺
木造駅周辺

駅前には古風な建物が建っていました。
のぞいてみると歯科の看板がガラス越しにみえましたので、昔は歯科だったようで、観光名所等ではないようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です